クリエイタブルズ・グローバル・クリエイティビティ・イニシアチブ(CGCI)

By | 2017-10-12T22:00:43+00:00 October 12th, 2017|先生向け|

この取り組みは、子どもたちのクリエイティビティ(創造力)が、育まれるべき最も大切な能力のひとつであると考える、米国、カナダ、英国、イタリア、日本の小学校と中学校の先生が集まって始まりました。 2017年夏に最初に行われたディスカッションの中で、お互いが同じ目的や考えを持っていることを認識した先生方が、安全なソーシャル・クリエイティビティ・プラットフォームであるクリエイタブルズ上で、お互いの児童生徒がグローバルコラボレーションを行うことにしたのです。この取り組みは、米国テキサス州にあるプラノ学区の幼稚園から小学5年生までを対象に図工を教えている トレイシー・エヴァンス先生がリーダーとなり、行なっています。この取り組みにご質問のある方は、クリエイタブルズ上のCGCIページでトレイシー先生にコメントを送ってみてください! 2017/2018年度を通して、児童生徒がこのページ上にあるテーマごとのギャラリーにそれぞれ作品を共有していきます。 Community(コミュニティ) 説明文:あなたにとって「コミュニティ」とは?あなたのコミュニティは、どんな?あなたの理想的なコミュニティって、どんな? ギャラリーへのリンク:https://ctbl.es/wkyjScGA Digital Citizenship(デジタル市民権) 説明文:オンライン上で何かを行ったことがあるなら、あなたはもうデジタル市民。でもこれ、どういうこと?あなたにとって、どんな意味がありますか?例えば事情や環境またはその人の選択によって非デジタル市民であることについては?安全性や、相手を気づかえることは、どうして大切なのでしょう? ギャラリーへのリンク:https://ctbl.es/rqWz6cmq Exploring and Observing(探検&観察) 説明文:これまで行ったことがある場所には、どんなところがありますか?行ってみたい、ただ想像してみる空想上の場所は?実際にあなたが今住むその場所からは、何が見えますか?新しい素材や技術を試してみているというのもOK!作ったものを投稿して、今あなたが何を学んでいるのか教えてください! ギャラリーへのリンク:https://ctbl.es/bpTmnTR4 Health and Food(食と健康) 説明文:食べものってどこからくるの?食べるものを自分で用意したこと、ありますか?大好きな食べものや好きじゃない食べものは何?健康でいるって、どういうこと? ギャラリーへのリンク:https://ctbl.es/CZtpa53z STEAM 説明文:サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、アート、数学/算数のいずれかまたはすべてに関する作品をシェアして、お互いに新たなことを発見したり、ディスカッションができる場にしましょう!! ギャラリーへのリンク:https://ctbl.es/lFjjtaBm In [...]

クリエイタブルズ Androidアプリ 1.2.0

By | 2017-10-24T13:16:55+00:00 October 2nd, 2017|クリエイター向け, 保護者向け, 先生向け|

2017年9月17日にAndroidアプリのアップデート版をリリースしました! 今回はみなさまのご要望にお応えして、先生や保護者の方々がアプリ上でできる管理機能を増やしたほか、より使いやすい仕組みを取り入れています。 1. あなたらしく 投稿した作品やカラフルな柄を使ってプロフィールの背景をカスタマイズできるようになりました。 2.アプリで管理 先生や保護者はアプリ上でコメントの承認や削除ができるようになりました。また、不適切な作品を見つけた場合の報告も可能になりました。    3. ガイド機能 ガイド機能によって、初めての方にもアプリをわかりやすくご利用いただけます。 4. さがして、出会おう! 新しく「さがす」ボタンができました。世界中のクリエイターがクリエイタブルズに共有している作品を探してみましょう。    Google playでダウンロード!: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.creatubbles.explorer&hl=ja

教室から世界とつながるグローバル・コラボレーションのメリット

By | 2017-08-16T12:14:21+00:00 May 22nd, 2017|先生向け|

STEAMやプロジェクト型学習、メーカースペースなど、従来の主要科目への新しいアプローチや取り組み方が次々と生まれ、学びの環境はつねに革新を続けています。テクノロジーも教室においては大きな役割を果たしています。海外の学校との橋渡しをすることで他国とのつながりを実感させてくれるだけでなく、グローバルなコミュニケーションを図ることを可能にしてくれます。 ここでは、教室を一歩も出ることなく、いかに世界とつながり、関わり合うことができるか、そしてその有用性について考えてみましょう。 そもそも教室で海外とのグローバルなコラボレーションに取り組むことがなぜ有用なのか 海外とつながるグローバルな活動を教室で取り組むことにより、生徒たちがまず得られるのは、ユニークかつ純粋な学びの機会でしょう。共にプロジェクトに取り組み、互いの実生活をより深く知ることができるような対話や有意義なコミュニケーションを楽しみながらも、従来の課程を会得し、学ぶことができます。 テクノロジーは、簡単、手軽に私たちをつなげてくれます。世界各地のいろいろな場所に散らばり、ともすれば人里離れ、手が届かないと思っていた相手でも、今では自分のデスクから直接交流することができるようになりました。生徒たちは他国の人と親しい関係を築き、彼らの国の文化への理解を深め、そしてグローバルな見識を広めることができるのです。そういった経験をもとに、生徒たちは自らの問題解決の手法を形成し、従来の学習や批判的思考の枠を広め、そしてコミュニケーション能力を高めることを自ら進んで行い、力量を発揮できるようになります。まさに「世界人」になるというわけです。 『Teamwork』 AFCYvolunteers作 (カナダ、14歳) 生徒たちが享受するメリットとは? 海を越えた国の教室とつながるなんて、子どもたちにとってはなんてエキサイティングなことでしょう! そして、そんな海外とのコラボレーション作業は、どんな科目ででも取り入れることが可能なのです。インターネット上の情報サイトや教科書はいったん脇にやり、たとえば海洋生物学を学ぶ学生が実際にイルカの生態を研究している南米エクドルの学生たちと交流できたら、どれだけ面白いか。同じように、社会科学の理論について、その考え方をバングラデシュで心理学を専攻する学生から直接聞くことできるかもしれないし、小学1年生の児童たちがケニアにいる同年代の子どもたちと、家族や自分の国での生活について互いに教え合ったりと、様々なことが可能です。自分が興味を持っていたり好きな話題であれば、学生や児童たちはさらに熱心に取り組みますし、結果として、自ら進んで新しい情報を習得することになります。 グローバルなコラボレーションをとおして、生徒たちは取り組んでいる科目の実際の状態を理解し、最新の状況を把握できるようになります。 今日、世界は絶え間なく変化し続けています。教鞭をとる先生方は、可能な限り最先端の教育方法やツールを生徒たちに提供しようとしていますが、グローバルなコラボレーションはその中でも、新しい考え方や探求、学習のしかたを楽しめるようにしてくれる有機的な方法と言えるでしょう。疑問を直接投げかけ、自分の生活や実体験に情報を置き換え、そこで得られるものは、偽りない本物の 情報。それを元に、生徒たちは自分の知識の幅をさらに広めることができるのです。 『Together』EmilyA作  (カナダ、11歳)   「既存の枠にとらわれない考え方」を養うためにも、グローバルなコラボレーションは活用できます。 世界中の教室と繋がるような取り組みはまた、履修科目に柔軟性をもたせることにもつながります。世界はじつに複雑に入り組んだ場所ではありますが、一方では相互の繋がりやコミュニケーション、多種の関連性をとおして学びを提供してくれる場所でもあります。教科書上では国や文化は区別され、分け隔てられているかも知れませんが、他国との共同作業に取り組むとそういった社会的な境界を越えた全体像を把握することができます。先生たちは、生徒たちが互いに教え合い、互いから学び、また互いのモチベーションを上げたり刺激できるような斬新かつ確実な方法を生み出すといいでしょう。 Creatubbles では、世界中の学校と繋がることがとても簡単にできます。いっしょにクリエイティブなプロジェクトに取り組んでみたい先生を見つけたら、その先生のプロフィールのコメント欄(画面上部の吹き出しマーク)にコメントを残し、やり取りを始めてみましょう。 その他、コラボしてみたい先生やクラス/グループがいたらCreatubblesまで直接ご連絡ください。ご相談はこちらまで: instructors@creatubbles.com 

『メーカースペース』にアートを取り込んでみよう

By | 2017-08-16T11:49:43+00:00 April 14th, 2017|クリエイター向け, 保護者向け, 先生向け|

『メーカースペース』にアートを取り込んでみよう ここ数年にわたり、算数(数学)や科学(理科)などの主要科目へのアートの活用 の利点について頻繁に議論されています。またSTEAM などの教育カリキュラムが、問題解決能力や知識保持の促進にとっていかに重要かということにも焦点が当てられています。そんな中、今回はアートとメーカースペースとを組み合わせることについて考えてみます。 ※STEAMとは:SCIENCE(科学)の「S」、Technology(技術)の「T」、Engineer(工学)の「E」、Mathmatics(数学)の「M」に重点を置いてその頭文字をとった<STEM>に、Art(芸術/アート)の「A」を加えた教育コンセプト。 『メーカースペース』とはいったい? メーカースペースのというのは、学生たちなどが自らの手を動かし、ハンズオンでクリエイティブな作業に携わるための研究室、実験室のようなもの。歴史や地理学といった主要科目にとどまらず、科学から数学、修理技術や機会工学まで、幅広い科目にも没頭しながら、デザイン、開発や組み立てる能力を磨けるのです。 折り紙の車たち by りひと (日本)   良質のメーカースペースというのは、学生が幅広い材料や課題に取り組み、能力を発揮できるようにしつらえてあるもの。たとえば、ただ端末の置いてあるコンピューター室というだけではメーカースペースにはなり得ないわけで、美術用の材料や素材を揃えたり溶接や木工、織物の道具や粘土などを取りそろえておくと、いろいろなモノ作りの新たな方法を発明し、探求したり追求する欲求が湧くのです。メーカースペースは未就学児から大人まで、また予算が限られていても潤沢にあっても作ることが可能です。そこに設置する物は、画用紙や木のブロック、フェルトや糊といった工作用品から、ロボット工学やデジタルデザインができるツール、それに 動的な機械、織物から木工用具まで、幅広く選べます。まずは、受け持っている生徒たちのポテンシャルを最大限に引き出すことを視野に入れたうえで、自分のクラスのメーカースペースを設計することが重要です。   受け持っているクラスのメーカースペースにアートを取り入れるには? アートを取り入れるのは、考えているよりもずっとたやすいことかも知れません。まずはクレヨンやマーカー、絵の具、パステルなどの画材や粘土といった美術用材料を準備します。生徒たちが立体的なモデルを制作しているのであれば、色づけや飾り付けまでをやってもらいましょう。例えば、木材を使って太陽系のモデルを作っているとすれば、色塗りは生徒たちに任せてみましょう。抽象的なイメージでも、実物に近い色合いでも、それは生徒たちの自由に。あるいはロボットか何か動く機械を作るのであれば、まずはデジタルのデザインに取り組んでもらい、それを3Dプリントで抽出したり、別の素材であとから再現してみる、など。 I nostri amici fantastici (イタリア) [...]

毎週のお楽しみ!ウィークリー・チャレンジに参加しよう!

By | 2017-08-16T11:51:10+00:00 April 1st, 2017|Uncategorized, クリエイター向け, 保護者向け, 先生向け|

クリエイタブルズでは、毎週決まったテーマを決めて作品を募る『ウィークリー・チャンレンジ』を開催しています。自分のクリエイティビティを存分に発揮したいアーティストから、ただ楽しいことを試してみたい!インスピレーションが欲しい!といった人まで、誰でも参加ウェルカムです! どんな企画なの? 毎週1回、Facebook と Twitterでクリエイタブルズから新しい課題が発表されます。具体的には、クリエイタブルズがその週に選んだ無料アプリを発表しますので、参加者はそのアプリを使って作品を作ってください。作品ができたら(複数可)、あとはギャラリーに投稿するだけ! Creatubbles Weekly Challengeのギャラリー もぜひ見てみてください。世界中のクリエイターたちの作品からインスピレーションが得られるかも! さぁ、やってみましょう! さて、さっそく今週のチャレンジはこれ!「Recolor」という塗り絵アプリです。詳細はこちらから! Peter (ベルギー)作:『Elke dag sushi』 手順: Recolorで作った作品をPCに保存する クリエイタブルズのアカウントにログインする。まだアカウントをお持ちではない場合は、こちらから無料で登録できます www.creatubbles.com。 クリエイタブルズ内のチャレンジ専用ギャラリーを開く。ここをクリックする か https://ctbl.es/LFwVqlGNにアクセス。 Recolorで作った作品を、PC内の保存フォルダからこのギャラリーにアップロード。(「新規作品を投稿 [...]

おすすめギャラリー5選!

By | 2017-08-16T12:04:45+00:00 March 21st, 2017|クリエイター向け, 保護者向け, 先生向け|

絵画に彫刻、デジタルアートや動画、スケッチから写真まで、クリエイタブルズのグローバルコミュニティでは、クリエイターたちが毎日自慢の作品をアップしています。力強く、美しくてエキサイティングなそれらの作品の多くには、目を見張るばかり。そんな、刺激的で新鮮、心を奪われるような作品を集めたギャラリーがクリエイタブルズには数多く作成されています。アーティストたちの素晴らしい才能とその作品を讃え、ここにいくつかのギャラリーをご紹介したいと思います。どれも見ていて楽しく、ほっこりできたり、あるいは驚嘆させられるものばかり。 どうぞお楽しみください! Spazio この世でもっとも美しい作品というものは、えてして自然の中に見つけることができるもの。Spazio のギャラリーに投稿されているのは、宇宙や銀河を描いた作品たち。鮮やかな色や光、そして暗闇とのコントラストが見事に描写され、どの作品も時間を忘れて見入ってしまうほど美しいのです。イタリアの学校、I.C. Parco degli Acquedottiの科学技術の先生 Maestra Emilia、が自分のクラスの生徒たちによる作品を披露しています。STEAMに基づいたこれらのアートを手がけているのは、なんと10歳の児童たち!お見事です! イタリアのTartaruga (10歳)作 『lo spazio è una magia』   rjardin’s gallery ベトナムのSaigon South International Schoolの先生、MrsJardin [...]

インドの教育財団Agastya International Foundationで「もの作り担当」募集!

By | 2017-08-16T12:04:06+00:00 March 14th, 2017|クリエイター向け, パートナー関連, 保護者向け, 先生向け|

もの作りが好き。実際に手で触れてハンズオンで習得するのが好き。そして人生を変えてくれるようなワクワクする経験に巡り会いたい! そんな方に朗報です!創造力やクリエイティビティを軸にした学習体系の先陣を切り、先だってCreatubblesとの「Share with Creatubbles(クリエイタブルズで共有)」のパートナーシップを発表したばかりのインドの財団法人、 Agastya International Foundation がVision Works Maker(もの作り担当者)を募集しています。(AIFの公式パートナーページはこちら 。)彼らの拠点、インドのVision Worksチームで1ヶ月間にわたり、「もの作り担当」として活躍できそうな方、ぜひ応募してみてはいかがですか?※実際の活動はすべて英語で行われるため、英語のコミュニケーションスキルが必須です。 Agastya International Foundationは、世界中の学生や先生たち向けに世界随一のスケールで体験型の科学プログラムを運営しており、これまで800万人もの子ども、そして20万人以上の先生たちが参加しています。この団体のミッションは、イノベーティブな応用化学の教育とP2P(ピアツーピア)ラーニングを提供することにより、インドじゅうの経済的に恵まれない子どもや教師たちの「好奇心を刺激し、創造力を育成し、そして自信や自尊心を育む」こと。 各地にサイセンスセンターを配備したりモバイル・ラボ(移動式の研究室)を活用し、人里離れた土地に住む子どもたちにレッスンを提供し、教育モデルを体験してもらっているのです。70万平米の広大な敷地を誇る「クリエイティビティ・キャンパス」には『Vision Works』という専門部署が設けられ、そこでは子どもたちに科学や数学、その他科目を教える際に利用する物理的なモデル(模型)を開発し、制作しています。 ここで作られた模型は、クリエイティビティ・キャンパスだけではなく、モバイル・ラボのネットワークを活かし、里離れた地方でも利用されています。 Vision Works maker(もの作り担当募集) そんなAgastya International Foundationでは、ベンガルール近郊、約70万平米のCreativity Campus [...]

子どもが安心して学べるプチオンライン講座:『マインクラフト1分講座』(Minecraft Minute)

By | 2017-08-16T12:05:31+00:00 March 3rd, 2017|クリエイター向け, マインクラフト関連, 保護者向け, 先生向け|

クリエイタブルズでは、学びの場などで子どもから大人まで楽しめる新たなコーナーを始めました!お届けするのは、「クリエイタブルズ x マインクラフト1分講座」。STEMを軸にした、児童、学生や教育関係者向けでクリエイティブな1分ほどの動画によるプチ講座です。 マインクラフトを使って、先生方や生徒の皆様、マインクラフトプレイヤーたちのプログラミングやエンジニアリング(工学)の知識を深めたり、そこに自分の創意工夫を組み合わせることをめざすこの講座では、各エピソードの最後にそれらのスキルを用いた課題に取り組んでいただきます。 最初の数エピソードでは、レッドストーンのしくみや作用、コマンドブロックの利用や初歩的なプログラミングの要素など、テクニカルな主題を取り上げます。 ピストンや感圧式スイッチを操作したり、時刻や天候を変更してみる。あるいは花火を打ち上げてみたり、ジェットコースターを走らせてみたり- 子どもたちの探求心を刺激し、問題解決力を高めて、発見や発明が楽しくなるようにお手伝いするのがこの『マインクラフト1分講座』。何よりも、学ぶことの楽しさを感じてもらえるよう、工夫が満載です。 第1回目のエピソードでは、ピストンを取り上げます: Creatubbles Mod をダウンロードして、自分の作ったMinecraft作品に自作のアートを登場させてみましょう! そして、できた作品はぜひ Creatubblesで共有してください。みなさまの力作、お待ちしています!